優柔不断を断ち切る方法 「押入れ編」

 さて、衣類、キッチンが終わったら次は押入れ。対戦相手としては最大の難関かもしれません。何せ「押入れ」というくらいですから、どんなものが押し入れられていることか。それでもため込んだ張本人はあなたか、あなたの家族であることをお忘れなく。

 ここでもまずは、「絶対に必要な物」と、「これは不必要だ」、という物に分類します。残った物が「どちらでもない物」になります。このどちらでもない物がとても厄介なのです。将来使うかもしれない、と考えてしまうと本当に悩みます。ですからここはすぱっと、竹を割ったような感覚で一つ捨ててみましょう。ひとつ捨てるとおもしろいもので、割り切れるからなのか、次々とごみ袋が膨らんでいきます。どうしても英断できないのであれば、第三者に選択してもらうのも一つの方法です。人の物だからほいほい「不要」と判断できてしまいます(笑) 引き出物やもらい物の鍋やかん、食器類、カップ類等はまずは不要な荷物です。同じような物が二つも必要ありません。タオル類や石鹸類は消耗品という位置付けで、資源の有効利用という観点から、きちんと整理整頓して所定の場所に収納していきましょう。

 物は消費するスピードよりも、買ったりもらってくる量のほうが圧倒的に多い、要するに方程式が=とならないため、たまりすぎてしまった物を清算していくためには、一つ入ったら必ず二つ以上捨てることをしないと、物はどんどんとたまっていき、お部屋が狭くなります。散らかった空間ではよいアイデアは浮かびません。

 → 年収1800万円の道 プロローグ

 



お役立ち

サイト情報