年収1,800万円への道のり: 総括

 なぜ取ってあるのかをよく考え、いつか必要になるかもしれない、と判定されるものについては、不要なものであると考えられます。捨てると必要になるからといった意見もあるかもしれませんが、捨てたものが必ず必要になるでしょうか? そんなことはありません。 それでも、いやそんなことはない、必ず必要になるとおっしゃる方もおみえになると思います。では、そのいつかわからないけど遠いいつかまでの時間×保管するための空間を掛け合わせたものと、その物の価値(価格)を天秤に乗せてみて下さい。その天秤はどちらに傾くでしょうか? その不確かな「いつか」のためにあなたは貴重な空間をロスしていることになります。そして、空間のロスは時間のロスにつながっていきます。忙しい忙しいと嘆いている人ほど机が乱雑で、日常的に積った書類の山の中から必要なものを探しています。何年探しているんですか? ですので常に意識していきたいことは、「物は増やさない」、「一つ買ったら二つ捨てる」、「増えてしまったら捨てる」、です。物は誰かの手によって真心で生産されたものです。捨てる辛さや心の痛みを理解することで買い物上手になっていくことでしょう。

 あなたの身の回りが常に整理整頓が行き届き、すっきりした広々空間であったなら、そこからよいアイデアも浮かぶことでしょう。人間余裕がないといけません。余裕とは時間的余裕と空間的余裕です。あれをやらなくちゃ、あの書類はどこにいったんだろう、片付けられない人ほど朝から晩まで忙しく走り回ってどたばたしています。日銭を稼ぐことで、大切な一日一日が通り過ぎていき、あっという間に一年が終わり、今年も早かったな、となります。

 本サイトは筆者の体験と経験、考えをもとに書かれております。お仕事の内容や職種によって必ずしも当てはまるわけではありませんが、皆様の生活が少しでもよくなればよいと思って執筆させていただきました。今の現状に満足できないようであれば、まずは身近なできることから始めていきましょう。何もしなければ昨日とかわらない今日があるのみです。今日変わらなければ、明日も変わらないでしょう。千里の道も今日の最初の一歩からスタートです。

 免責事項

 

     

お役立ち

サイト情報