年収1,800万円への道のり1日目 とにかく捨てる

 身の回りの整理整頓・片付けさえできない人が、どうして重要な仕事をてきぱきと片付けらようか。まずはあなた自身が整理整頓・片付けられる人になることです。手始めに会社の机を整理しましょう。あなたのデスクに積み上げられた書類は本当に必要なものでしょうか? 机の上や引き出しの中のもののほとんどがゴミだといっても過言ではありません。机は物置ではありません。身軽にするために、絶対必要と言い切れるもの以外は強い決意で捨てることです。取引先から半年前にもらった書類がまだ引出の下の方に入ったままになっていませんか。1年前にあなたが作った見積書や提案書がまだ大切に保管してありませんか? 本見積り有効期限:3ヶ月 と記入されているにもかかわらず、どうしていつまでも保存してあるのですか? 何も3か月経過したからといってすぐに捨てることはないですが、こうした1年も2年も前の書類がいつまでたっても保存されていることがおおいにあります。取引相手から再度請求があれば、また新しく作ればよいことです。そもそも3ヶ月以上経過したあとに、その見積もり書が必要になることがあるのでしょうか? 机の上やファイルに大切に保管された古い書類は、もともとなかったことにして、思い切って捨ててしまいましょう。どうしても判断がつかない場合は、隣の同僚にぽいっと捨ててもらいましょう(笑) 人のものは案外簡単に処分できるものです。ここで大切なことは、机が狭いからといってサイドデスクを追加してはいけません。片付けられない人に広いスペースを与え続けるとどうなるか。本来捨てないといけない物がどんどんと蓄積され、書類の山はますます高くなるいっぽうです。本当です。筆者も現実を見てきております。まずは決められた枠内(スペース内)でどう改善するかを考えましょう。どんな世界においても同じ条件、同じ環境で結果を出せる人、出せない人、分かれてしまいます。その違いはほんのささいなことかもしれません。まずは身の回りの整理整頓・片付けられる人になって、仕事ができる男になりませんか。物を捨てると仕事のスピードがぐんと上がり、時間の達人になります。

NEXT → 年収1,800万の道のり 作業2日目 名刺編

 

     

お役立ち

サイト情報